常識を持って挑もう

勉強ができない子どもはいつの時代でも必ずたくさんいます。ということは、家庭教師としての需要は今後もまず無くなることはないでしょう。アルバイトから始めた場合は特に良い収入にはなりませんが、長く家庭教師を勤めていれば必ず稼げるようになりますので、是非今からでも家庭教師のアルバイトをして、少しずつ実力をつけていってほしいと思います。ではまずは家庭教師のアルバイトをする際に頭に入れておいてほしいことをお話していきましょう。家庭教師のアルバイトをし始めたら、必ず子どもの親とも対面することになります。その時には元気よく明るい挨拶ができるようになっておいてください。これは当たり前の話ですが、少しでも子どもの親に対して良い印象を与えたいのであれば、暗い挨拶なんてまさにご法度です。続いて、服装によるマナーもしっかり守ってもらいたいところです。特に夏場になると服装は乱れがちになりますので、どんな人を相手にしても不快感を与えないような服装で訪れることを意識しておいてください。見た目で人の印象は良い方向にも悪い方向にも必ず大きく動くことになります。あとマナーと言えば、家の中にある物を勝手に触らないことも挙げられます。こんなことは当然ですよね。何か興味の惹かれるような物が家の中にあったのなら、必ず事前に親から許可をもらってから触れてみるようにしましょう。このように、家庭教師である以前に踏まえるべきマナーは色々ありますので、けして悪い印象を相手に与えないような家庭教師になってみてください。

比べてみましょう

良い結果を残せる家庭教師はどんな特長を持っているのか?あなたが家庭教師として本当に向いているのかどうかについて触れていきます。今の自分と是非この記事を照らしあわせてみてください。

会いたい人になろう

毎回あなたに会うことを楽しみにさせるような関係を構築していくことが、家庭教師にとってとても重要です。「あの人の授業つまらないから受けたくない」と思わせてしまっては、家庭教師失格です。

どっちのタイプ?

家庭教師になる方法として、二つのタイプをお伝えします。実際にこの二つはどちらが良いのか?簡単にメリットとデメリットを掻い摘んで説明していきましょう。あなたが得する方法で全然OKです。

黒板の前の男性